関西学院大学 現代民俗学 島村恭則研究室

関西学院大学大学院 現代民俗学 島村恭則研究室

重慶の担ぎ屋「棒棒」の研究

鮑 燊平

 

【要旨】

 

 本研究は、重慶の棒棒について、中国重慶市をフィールドに実地調査を行うことで、棒棒を明らかにしたものである。「棒棒」は竹の棒とロープ及び小型台車を労働道具として、山に築かれた街「重慶」の市街地で坂を登り、叫び声で仕事を依頼する市民を呼びかけて、市民の日常生活、商業活動のために零細な運搬労務サービスを提供し、体力で金を稼ぐ職業である。本研究で明らかになった点は、つぎのとおりである。

 

1.「棒棒誕生の原因」。山地の地形は重慶の地形の起伏が大きく、坂道が多いことに加え、交通が不便で運 送業者が必要であり、このような地理条件の下で、大量な貨物の輸送需要と山地環境が共同で重慶独自の「棒棒」文化を生み出した。

 

 

2.「棒棒になる理由」。なぜ「山城」重慶だけが棒棒という職業 を存在しているのか。「山城」周辺区県から来た農民はなぜこの職業を選んだのか。地勢を引きずり、子供を避け、現金を稼ぐほか、都市に出稼ぎに行く棒棒業界の収入 は他の肉体労働業界に比べて相対的に高い。次に、雇用関係に比較的優位性があり、 従事者は雇用主と直接交渉し、中間的な労働搾取は存在しない、再び棒たちの仕事の 時間は自分でコントロールすることができて、十分な自由があって、自分は「ボス」で、言うことになる。

 

3.「棒棒の社会」 彼らは自動的にそれぞれの取引の過程で 1 つを形成する「リーダーなし」のチームは、その一人が大きなビジネスを手に入れ、一人では忙しくて手が回らない場合、自分とよく知っている他の棒棒をいくつか呼んで、その時、この人はリーダーになって、雇用主に荷物を運んで、お金をもらった時、彼がお金を分配するが、しばらくは「リーダー」が、自分が一時的に「リーダー」だからといって、自分にお金を多く分配することはなく。お金は公平に分配され、他の棒棒の巻目は共有して、具体的な体制と条項の制約のない協力は最も公平性を体現して、すべての個体の心の感じを調和させるのは特に簡単ではなくて、相互の信頼とお金の公平はやっと長期的な協力と共同生存を達成することができる。

 

 

4.「棒棒の生態」棒棒たちがそれぞれ商売の場所 を取り、商売の形を取り、お金を稼ぐことによって「野良棒棒」、「普通の棒棒」、「高 級棒棒」を分け、同時に、家族の成立の有無によって「既婚棒棒」、「未婚棒棒」に分 けられる。しかし、いずれにしても、ビジネスがあれば、これらの区分は消えてしまい、彼らは自覚的に一緒に立って価格を話し、互いに協力して価格を上げ、そして稼いだお金を「業界の習慣」に従って分配します。

 

5.「棒棒の現在」物流会社の台 頭に伴い、宅配便の業界競争が激しくなり、電車などの軌道交通が四方八方に通じ、 自家用車の繁栄など、すべてが棒棒の必要性が減少していると嘆くように、棒棒たちには「使い道」がどんどん減る一歩だ。引き換えに、教育を受ける程度が一般的に向上するにつれて、サラリーマンの待遇は何度も向上し、さらに職業が多元化し、農村からの若者がますます増えている。このことから、棒棒は地勢の理由や市場の需要によって短期的に完全に消えることは難しいが、非公式な「山城名刺」の棒棒として、 急激に数が縮小していると言わざるを得ない。棒棒たちは棒を使ってこの町に奉仕し、得た見返りは少なく、彼らにもっと必要とするのは、尊重するだけかもしれないが、彼らの歴史も、この重慶に尊重され、銘記される必要があると思う。

 

 

 

【目次】

 

序章

(1)「棒棒」とは

(2)問題の所在

第一章 棒棒の誕生

第一節 棒棒を生む地「重慶」

第二節「力夫」から「棒棒」へ

第三節 棒棒と言う概念の誕生

第二章 都市に生活する「農民」

第一節 移住の動機

(1)棒棒の分布

(2)棒棒になる理由

(3)ひとりっ子政策から逃げる

第二節 棒棒の会

(1)都市生活の直感

(2)入城後の状況

(3)仕事の場所

(4)仕事の道具

第三節 棒棒の生態

(1)棒棒内部のクラス階級

(2)既婚棒棒と未婚棒棒

(3)リーダーなき団体活動

(4)棒棒の領地違い

第三章 棒棒達の現在

第一節 棒棒の屋

第二節 棒棒達のライフヒストリー

(1)黄さんのライフヒストリー

(2)「河南」のライフヒストリー

(3)大石のライフヒストリー

第三節 自由な棒

結語

結論

今回の不足

文献一覧

謝辞

 

 

 

【写真】

 

写真1 群れている棒棒たち
出典:「最後の棒棒」 重慶日報、撮影者何航

 

写真2 普通棒棒達が固定場所で待っている  鮑 燊平撮影

 

写真3 家具の運び仕事を待つ棒棒達  鮑 燊平撮影

 

写真4 冗談話をしている棒棒たち  鮑 燊平撮影

 

写真5 下は寝る場所、上は個人の荷物  鮑 燊平撮影

 

写真6 お金を寄付した黄さん
出典:「最後の棒棒」 重慶日報、撮影者何航
 

 

 

 

【謝辞】

 

お話をお聞かせくださった棒棒の譚勇さん、黄力元さん、石恒さん、および彼らを紹介してくれた金庸先生。

これらの方々のご協力なしには、本論文は完成に至りませんでした。今回の調査にご協力いただいた全ての方々に、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。