関西学院大学 現代民俗学 島村恭則研究室

関西学院大学大学院 現代民俗学 島村恭則研究室

島村恭則とは

島村 恭則 (しまむら たかのり)

関西学院大学社会学部教授・関西学院大学大学院社会学研究科教授。博士(文学)。


1967年、東京都杉並区生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科文化人類学専攻単位取得退学。韓国・啓明大学校客員専任講師(日本学担当)、韓国・翰林大学校客員専任講師(日本学担当)、国立歴史民俗博物館民俗研究部助手、秋田大学教育文化学部准教授を経て、現職。専門は、現代民俗学、ヴァナキュラー文化研究、世界民俗学史と民俗学理論。沖縄の新宗教に関する研究で、第16回日本民俗学会研究奨励賞を受賞。東京大学大学院総合文化研究科客員教授(超域文化科学特殊研究Ⅳ、文化人類学特殊講義、2016年9月1日〜2017年3月31日)。日本民俗学会理事。

主な著書に、『〈生きる方法〉の民俗誌―朝鮮系住民集住地域の民俗学的研究―』(関西学院大学出版会)、『引揚者の戦後』(編著、新曜社)、『近代日本の他者像と自画像』(共著、柏書房)、『越境』(現代民俗誌の地平1、共著、朝倉書店)、『身体と心性の民俗』(講座日本の民俗学2、共著、雄山閣出版)、『物と人の交流』(日本の民俗3、共著、吉川弘文館)、『日本より怖い韓国の怪談』(河出書房新社)などがある。

https://www.facebook.com/takanori.shimamura.5

https://www.facebook.com/shagaku.shimamura/







島村研究室連絡先

メール:tshimamura<アットマーク>kwansei.ac.jp(<アットマーク>は、@に変えてください)
研究室住所:〒662−8501 西宮市上ケ原一番町1−155 関西学院大学社会学
社会学部事務室電話:0798−54−6202(事務室から個人研究室へ転送してもらってください)

研究室所在地:関学上ケ原キャンパス第一教授研究館
オフィスアワー:毎週木曜日15:10〜16:40(訪問の際は、できれば事前に上記のアドレスにメールをしてください)